2020年09月16日

【キュンキュン☆コンクリート】Tシャツ予約受付中

キュンキュン☆コンクリート_ブログ用.jpg

コンクリート構造物を見るとキュンキュンしてしまう私のような人のためのTシャツです。受注生産で、予約〆切は2020年9月25日。ロゴカラー3色×ボディ4色となります。シルクスクリーン印刷です。

【予約購入ページ】
キュンキュン☆コンクリート(特色シルバーロゴ)
https://suzuri.jp/squeegee/campaigns/1398

キュンキュン☆コンクリート(ミントロゴ)
https://suzuri.jp/squeegee/campaigns/1399

キュンキュン☆コンクリート(ピンクロゴ)
https://suzuri.jp/squeegee/campaigns/1400

※SUZURI予約ページに「予約販売期間の販売数が目標数に達しなかった場合はホワイトインクジェット印刷で生産されます」と書かれていますが、こちらで数を調整しますので、必ずシルクスクリーン印刷になります。

シルバーロゴ_黒ボディ.png

ミントロゴ_黒ボディ.png

ピンクロゴ_黒ボディ.png

ピンクロゴ_ボディ着用.png

ロゴカラー|特色シルバー、ミント、ピンク
ボディカラー|白、黒、オートミール、インディゴ
サイズ|S、M、L、XL
シルクスクリーン印刷
3,498円
予約期限 2020年9月25日(金) 23:59
発送予定日 2020年10月9日(金)ごろ

企画/内海慶一 @pictist
タイポグラフィ制作/カンザキ @ituca_



〈特色シルバー〉
シルバーロゴ.jpg


〈ミント〉
ミントロゴ.jpg


〈ピンク〉
ピンクロゴ.jpg


今年の5月に「キュンキュン☆コンクリート」というタイトルのトークイベントを開催する予定だったのですが、コロナ禍のため無期限延期としました。このロゴ(タイポグラフィ)はそのイベントのためにつくったものです。岡山のタイポグラファー、カンザキさんに発注してつくっていただきました。とても気に入ってます。

こちらはカンザキさんのInstagram→ カンザキ(お寿司帝国398円)
過去の作品もいくつかアップされてます。お店の店名ロゴなどタイポグラフィ制作をお考えの方は、ぜひカンザキさんにご依頼を。

「キュンキュン☆コンクリート」がどんなイベントになる予定だったのかについては、また後日、書きたいと思います。

よかったら今度、あなたの好きなコンクリート構造物を教えてください。


posted by pictist at 17:00| あれこれ

2020年05月30日

『100均フリーダム』の思い出(2)

2010年10月には深川東京モダン館というところで「100均フリーダム展」を開催、また期間中にトークイベントをおこないました。

同館は昭和7年(1932年)に東京市営の食堂としてつくられた建物で、国登録有形文化財になっています。そんな場所と100均グッズとのギャップも面白かった。

IMG_6961.jpg

IMG_7009.jpg

曲がる階段とタイルにグッときました。

IMG_6968.jpg

ウェルカム星。

IMG_6975.jpg

書籍に収録した100均グッズの実物を展示。未収録グッズも多数、並べました。

IMG_6976.jpg

100均界のアイドル「フーリー」が勢揃い。

IMG_6981.jpg

展示準備は完全に先方にお任せしてたので、最初は「アクリルカバー、べつになくてもいいんだけどな」って思ってたんですが、見てるうちにだんだん「これはこれで面白いかも」と思い始めました。厳重なのが逆に。

IMG_6982.jpg

IMG_7000.jpg

今もこれらのグッズは自宅にあるんですけど、どうすればいいですかね……

IMG_6979.jpg

IMG_6972.jpg

IMG_6993.jpg

↑この机の上にあるのは、トークイベント当日にお客さんが持ってきてくれたもの。この頃から100均でフリーダムグッズを探すことを「フリーダミング」と呼ぶようになりました(翌年には「全国一斉100均フリーダミング」というSNSイベントも開催)。

100f_talk.jpg

トークでは書籍未収録グッズの紹介を中心に、100均CDの音楽を聴いたり、ゲーム画面を紹介したりしました。

たくさんの方がお越しくださったのですが、中でもうれしかったのは能町みね子さんが来てくれたこと。それまでSNSでの交流はあったのですが、お会いしたのはこのときが初めて。当時、能町さんはまだメディアに顔出しをしていなかったので、自己紹介いただくまで当然こちらは分からず、うれしいサプライズでした。

あと前回書き忘れてましたが、2016年には高橋源一郎さんがラジオで『100均フリーダム』を紹介してくださいました。NHKラジオ第1「すっぴん!」内の「源ちゃんのゲンダイ国語」というコーナーです。これはかなりうれしかった。

f0135351_2121824.png

こちらは刊行時の著者インタビューです。なぜか「ビジネス+IT」というサイトにて。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/21956

というわけで『100均フリーダム』10周年の振り返りでした。
5月31日までKindle版が30%OFFです。この機会にぜひ。

いつも心にフリーダムを。



posted by pictist at 23:11| あれこれ

『100均フリーダム』の思い出(1)

スクリーンショット 2020-05-30 3.42.19.png

今から10年前、2010年に『100均フリーダム』という本を出版しました。100円ショップで買い集めた不思議な商品を「作品」として鑑賞し、ひたすら褒め称えた本です。

当時の感想ツイートをこちらにまとめてるのでざっと見てみてください。これを読めば、未読の方が「今からでも買おう」と思ってくれるに違いない。

書籍『100均フリーダム』の感想ツイート(1)

書籍『100均フリーダム』の感想ツイート(2)

↓少し立ち読みもどうぞ。

スクリーンショット 2020-05-30 3.43.28.png

スクリーンショット 2020-05-30 4.25.51.png
スクリーンショット 2020-05-30 3.46.55.png

スクリーンショット 2020-05-30 5.12.17.png

スクリーンショット 2020-05-30 3.48.18.png

当時「書店の立ち読みで済まそうとしたけど笑いをこらえることができず、本を閉じてレジに持っていった」という感想を見たときはうれしかったなあ。

今読んでも面白いんですが、一つだけ残念なのは、本書に載っているような「フリーダムな」商品は、もうほとんど100均には売っていないということ。この10年で100均はずいぶん洗練されてしまいました。

当時は、この本を読み終えて100均に行けば、実際にフリーダム商品に会うことができた。本と現実が地続きになっていた。そこがいま読む人と当時読んだ人との決定的な差になってしまっていると思います。

『100均フリーダム』はけっこう話題になって、メディアにもたくさん取り上げてもらいました。

NHKの書評番組「週刊ブックレビュー」で取り上げられたり、

週刊ブックレビュー_キャプチャー.png

壇蜜さんが紹介してくださったり。

IMG_9243.JPG

各書店での展開も、書店員さんたちの熱が伝わってくるようでうれしかったです。

丸善津田沼店_100均フリーダム.jpg

第2回「ブクログ大賞」エッセイ部門で入賞したりもしました。

2020年5月31日までKindle版が30%OFFになっているそうなので、この機会にぜひ。

いつも心にフリーダムを。




posted by pictist at 05:47| あれこれ

2019年12月29日

2019年の活動記録

〈1月〉
ピクトさんサコッシュ(限定生産)をリリース >>

〈3月〉
富山県美術館「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」展にてピクトさんグッズ各種を販売/2019年3月9日(土)〜5月19日(日) >>

〈6月〉
ピクトさんTシャツ2019(全27色)をリリース >>

〈8月〉
セゾンカード会員誌「express」2019年9月号「特集 語るピクトグラム」に「ピクトさん、いつもありがとう」を寄稿 >>

〈10月〉
岡山芸術交流2019:パブリックプログラム「みんなで見つける おかやま街角鑑賞」の企画・Webサイト制作・コラム執筆・イベント出演(共作) >>

〈その他〉
・「装飾テント」の執筆で参加した『街角図鑑』が4刷になりました。
・株式会社タグチ工業が発行するフリーペーパー社内報「ガジラ通信」でコラム「すみっこ鑑賞入門」を連載中です。
・岡山市の学童保育で「ピクトさん」をテーマにプレゼンテーションしました。


event-hebi.png


【今年書いた都市鑑賞系のブログ記事】

・ちょっと曲がった道:『せとうちスタイル』Vol.4より

・ため池に高架橋脚

・山王市場通商店街の素敵なカーブ

・清心温泉の鏡広告

・岡山大学医学部研究棟

・さよなら大正建築

・魅惑の旦過市場

・小倉のスパイラルエスカレーター

・半田山配水地

・酒津15連樋門

・三野浄水場の無名建築がかっこいい

・総社市の商店街筋

・櫃石島インターチェンジの高架橋脚

・岡山市民会館と山陽放送会館

・岡山市民会館のかっこいい場所

・岡山県産業会館のオールド送水口

・「高梁川東西用水組合」事務所棟

・さよなら高島給水塔

・岡山芸術交流「おかやま街角鑑賞」の記録


タグ:活動記録
posted by pictist at 02:16| あれこれ

2018年12月31日

2018年の活動記録

〈1月〉
・山陽新聞に都市鑑賞活動について取材を受け、掲載。
・雑誌『せとうちスタイル』Vol.4にエッセイ「ちょっと曲がった道」を寄稿。
・株式会社タグチ工業が発行するフリーペーパー社内報「ガジラ通信」でコラム「すみっこ鑑賞入門」の連載をスタート(Vol.10より)
・紀伊國屋書店 新宿本店、ジュンク堂書店 難波店、MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店、ジュンク堂書店 ロフト名古屋店、丸善 京都本店でピクトさんフェア(書籍&グッズ販売)を開催。

〈2月〉
・手ぬぐい専門店「かまわぬ」とコラボした【ピクトさん手ぬぐい】の新色「みどり」をリリース。
・ジュンク堂書店 池袋本店でピクトさんフェアを開催。書籍&グッズ販売のほか、書籍未収録ピクトさん数十点をプリント展示。

〈4月〉
・軽井沢現代美術館(長野県)でピクトさんグッズの取扱いスタート。

〈6月〉
・滝本晃司ライブVol.8を岡山市で開催。トークコーナーに出演。

〈7月〉
・ピクトさんTシャツ2018をリリース。

〈10月〉
・『団地の給水塔大図鑑』(小山祐之/シカク出版)に帯文を寄稿。
・5年以上前に発案した「後ろ向きな絵手紙」を今さら制作(オオスキトモコさんと共作)

〈11月〉
・『生活考察』vol.6にエッセイ「ちいさい季節」を寄稿。

・執筆で参加した『街角図鑑』(三土たつお編、2016年)の繁体字版が台湾で販売スタート。簡体字版『一街一世界』が中国で販売スタート。日本では現在3刷。

山陽新聞201801b.jpg
(山陽新聞 2018年1月23日)


【今年書いた都市鑑賞系のブログ記事】

・玉島鑑賞

・知覚の輪郭 - 『路上と観察をめぐる表現史 ──考現学の「現在」』より

・岡山禁酒会館

・喜多村病院(大正11年開業)を見学したよ

・夢のマッチラベル


タグ:活動記録
posted by pictist at 23:08| あれこれ

2018年10月26日

後ろ向きな絵手紙をつくったよ(今さら)

もう5年以上前のことになりますが、ふと思いついてこんなツイートをしました。



この企画は怒濤の勢いで拡散していき、みなさんが続々と「後ろ向きな絵手紙」作品をつくり、アップしてくれました。トゥギャッターまとめも25万viewを超えて2013年の「傑作トゥギャッターまとめランキングベスト30」っていうやつにランクインしたり。

でも言い出しっぺの私自身は結局、形にせずじまいだったんですね。言葉はつくれるけど絵が描けないので。

そんなとき、イラストレーターのオオスキトモコさんと「じゃあ一丁、一緒につくってみますか」という話になったのです。

私が言葉をつくり、オオスキさんが絵と文字を描く。そういう共作です。

という話になったのはいいけど、そこからが長かった。たまにDMで打ち合わせをし、インターバル期間に入り、また久しぶりにDMするというスローペース。

どうですか、私たち2人の後ろ向きっぷり。どんだけ時間かけてるんだっていう。いや、完成したっていうことは、まあまあ前向きなんじゃないか。

そして季節が何度も巡り…ついに一枚、完成したよ!


back_aki.jpg

「秋も なまける」

オオスキさん、ふだん描いているご自身の絵のトーンから離れ、「絵手紙風」をしっかり研究して寄せてきているところが素晴らしいです。

ちなみにこの落款は2人の共作印としてつくったオリジナル。

あれ? これなんの字だっけ……自分で考えたのに月日が経ちすぎて忘れた!

残り3つの季節も、つくれたらつくります。つくれたらね……




posted by pictist at 23:45| あれこれ

2018年03月06日

グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史

先月の話になりますが、銀座クリエイションギャラリーG8で「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」を見てきました。この中で、グラフィックデザイナーの田唯さんが『街角図鑑』所収の拙稿「装飾テント」を掲示してくださっていました。鶴見俊輔、石子順造、赤瀬川原平などと共にマッピングしてもらえて光栄です。藤本健太郎さんの名著『タイポさんぽ―路上の文字観察』も掲示されてました。

この田さんの展示は、鶴見俊輔の「限界芸術論」をベースに「限界芸術論で提出された区分だけでは捉えきれない表現があるのではないか?」と問うものになっています。

IMG_6001.jpg

IMG_6008.jpg

IMG_6006.jpg

この展示の様子は2018年6月発売の『アイデア』No.382に掲載されるそうです。




posted by pictist at 06:10| あれこれ