2019年06月01日

半田山配水地(近代化遺産)

半田山植物園(岡山市北区法界院)は、その名の通り半田山(はんだやま)という丘陵地にあり、斜面を利用してつくられています。開園は1964年(昭和39年)ですが、この場所はそれ以前から配水地として利用されていました。近くの三野浄水場からここまでポンプで水を送り、勾配による自然流下を利用して市内へ配水しているのです。

IMG_5877.jpg

半田山配水地 1号配水池/1905年(明治38年)通水
明治時代につくられた設備ですが、いまも現役で稼働しています。遺産と呼んでいいのか。このような円形の配水池は類例が少ないそうです。

IMG_5887-Pano-2.jpg

右:半田山配水地 2号配水池/1905年(明治38年)通水
左:半田山配水地 3号配水池/1919年(大正8年)増設

IMG_5878.jpg

換気孔には岡山市章が。中央の円は「岡」の字を図案化したものです。

IMG_5856.jpg

半田山配水地 創建量水室/1905年(明治38年)竣工
六角形の煉瓦造り。なぜ「創建」という言葉が入っているかというと、昭和に入ってもう一棟、量水室がつくられたから。そちらと区別するための呼び名です。

IMG_5858.jpg

花崗岩を使った入口まわりの意匠。たぶん万成石だと思います。たぶん。

IMG_5853.jpg

半田山配水地 増設量水室/昭和14年(1939年)
こちらが後からつくられた増設量水室。創建量水室そっくりですが、鉄筋コンクリート造で化粧煉瓦。飾りもモルタルです。

IMG_5855.jpg

花崗岩もいいけど、このモルタルの味わいもいいよね。

IMG_5867.jpg

半田山配水地 旧事務所棟/1905年(明治38年)竣工、木造平屋建

IMG_5869.jpg

IMG_5871.jpg

IMG_5870.jpg

軒飾りが凝っています。

IMG_5874.jpg

こちらの換気孔にも市章が。意匠を施した風窓じたいが少なくなってきてるので、そういう意味でも貴重ですね。

半田山植物園の入園料は300円。わずか300円で3200種もの植物と、貴重な近代化遺産が鑑賞できるのですよ。登るのにちょっと体力使うけど。おすすめです。


【参考資料】
・『あなたの街の近代化遺産ハンドブック』(岡山県教育委員会、2007年)
文化遺産オンライン




posted by pictist at 06:04| 都市鑑賞

2019年04月20日

岡山大学医学部研究棟

岡山大学医学部研究棟(旧 岡山医科大学 生化学教室棟)
昭和7年(1932年)竣工
外壁のスクラッチタイルと、随所に見られる柔らかな曲線が特徴です。

IMG_4713.jpg

IMG_4714.jpg

IMG_3311.jpg

IMG_3295.jpg

IMG_3285.jpg

IMG_3290.jpg

IMG_3287.jpg

IMG_3303.jpg

IMG_3288.jpg





posted by pictist at 11:26| 都市鑑賞

2019年04月19日

さよなら大正建築

中村邸は大正10年(1921年)頃に建てられた2階建て木造住宅。岡山の中央部を流れる「旭川」の湖畔に建つこの家が、もうすぐなくなります。護岸整備工事が始まるためです。過日、中村邸のお別れ見学会が開催されたので参加してきました。うちの近所なので。

IMG_5284-Pano.jpg

この曲線、すばらしい。石積みもいい。

IMG_5094.jpg

この部分を室内から見たのがこちら。

IMG_5143.jpg

曲がってます。曲げてます。

IMG_5148.jpg

1階からの眺め。川の向こうは岡山後楽園です。

IMG_5154.jpg

IMG_5152.jpg

階段もすてき。

IMG_5162.jpg

2階から。ちょうど庭のソメイヨシノが開花してました。最高の時期に見学会を開いてくださったんですね。

IMG_5169.jpg

こういうのなんて言うんでしょう。防護柵付きの全面ガラス窓。

IMG_5174.jpg

欄間には「波に千鳥」。かわいい。

IMG_5109.jpg

道路側から。

IMG_5123.jpg

なにもかもが凝っている。

IMG_5180.jpg

IMG_5101.jpg

IMG_5085.jpg

解体は6月頃とのことです。中村さん、ありがとうございました。
さよなら大正建築…





posted by pictist at 00:11| 都市鑑賞

2019年04月12日

魅惑の旦過市場

旦過市場(たんがいちば/北九州市小倉北区)に行ってきました。

IMG_4925.jpg

ここ、友人の大山さんが10年以上前に「迷路商店街」というタイトルで記事にしたことがあって。それを見たときからずっと想い続けてたのです。つい「想」の字を使いたくなるほどに。

IMG_4935.jpg

道幅が狭く天井が低いという素敵設計。

IMG_4923.jpg

「横丁アーケード」もあり。

IMG_4914.jpg

おしゃれピクトさん発見。オードリー・ヘプバーンみたいな帽子かぶってる。

IMG_4921.jpg

ちょっと曲がった道、 足元にピクトさん。なんという至福ロード。

IMG_4872.jpg

あちこちに、ちゃんと陰がある。眩しすぎない。

IMG_4879.jpg

よき。

IMG_4898.jpg

市場の裏側です。川の上にせり出して建ってるという。内も外も魅力的ってどういうことだ。

IMG_4907.jpg

小倉を南北に貫く紫川の支流、神嶽川(かんたけがわ)。

IMG_4913.jpg

上から見た市場。美しい。

IMG_4884.jpg

アーケード内だけど装テンも充実。ふぐや鯨など、普段見かけない業種の装テンに興奮しました。

IMG_4880.jpg

IMG_4875.jpg

名物の「カナッペ」おいしかった! 魚のすり身に玉ねぎ・人参・胡椒を混ぜ込み、薄いパンで巻いて揚げたもの。

IMG_4869.jpg

うっとりしながら何往復もしました。




posted by pictist at 01:29| 都市鑑賞

2019年04月05日

小倉のスパイラルエスカレーター

小倉駅前アイム(北九州市)のスパイラルエスカレーターに乗ってきました。すてきな二段重ね。これと同じものが吹き抜けを挟んだ向かい側にも設置されてます(片側が上昇で片側が下降)。

IMG_5030-Pano.jpg

IMG_5019.jpg

IMG_5044.jpg

エスカレーターマニアの田村美葉さんによると、スパイラルエスカレーターは世界に50ヶ所ほどしかなく、そのうち半数以上が日本にあるそう。

エスカレーターが誕生した頃からスパイラルエスカレーターの構想はあったらしい。そりゃ思うよね。「エスカレーターがぐいーんって曲がったらすてきだよねえ」って。でも難しくて誰にも作ることができなかった。

そんな人類の夢、曲がるエスカレーターをついに実現したのが三菱電機さん(1985年)。現在も世界でスパイラルエスカレーターを製作できるのは三菱電機さんだけなのだそうです。




タグ:都市鑑賞
posted by pictist at 12:00| 都市鑑賞

2019年02月28日

清心温泉の鏡広告

2016年に取材させていただいた清心温泉さん(岡山市北区清心町)の鏡広告です。手書き文字の味わい、いいですよね。
清心温泉さんは2017年に火災で全焼し、残念ながら廃業されています。

IMG_0425.jpg

IMG_0417.jpg

IMG_0418.jpg

IMG_0427.jpg

IMG_0429.jpg

IMG_0431.jpg

IMG_0424.jpg

IMG_0461.jpg

IMG_0460.jpg


こちらもどうぞ。
「清心温泉のタイル」





タグ:都市鑑賞
posted by pictist at 21:17| 都市鑑賞

2019年01月23日

ちょっと曲がった道:『せとうちスタイル』Vol.4より

雑誌『せとうちスタイル』Vol.4に寄稿した「ちょっと曲がった道」という文章を以下に転載します。

せとうちスタイルvol4.jpg

ーー

ちょっと曲がった道

 ちょっと曲がった道が好きだ。その一条が緩やかな弧を描き、遠くで「向こう」へ吸い込まれるようにスッと消える。そんな風景に惹かれる。
 ちょっと曲がった道に立つとき「向こう」の景色は隠れている。それは、一歩ごとに現れる。現れ続ける。
 ちょっと曲がった道が描く曲線は、視線を誘導する。右へ、あるいは左へ。その先の景色へ人をいざなう。
 まっすぐな道や丁字路からはそのような興趣は得られない。まっすぐな道には隠しごとがなく、丁字路には移ろいがない。ちょっと曲がった道は、歩調に合わせて次々に新しい貌を見せ、同時に、ずっと仮面を被っている。
 理想的なちょっと曲がった道の条件は次のようなものだ。両側に建物がぎっしり連なっている。道幅はあまり広くない。そして、ある程度の距離を有している。
 両側に建物が並んでいると道筋が強調されるため、「向こう」とこちら側の繋がりがくっきりする。また、視野が適度に制限されるため、目の前の風景に没入しやすい。
 ちょっと曲がった道はほとんどの場合、数十秒も歩けば視界が開ける。なるべく長く続いてほしいと願うが、やはりすぐに終わってしまう。そのとき私は、「向こう」へ憧れながらずっとここを歩いていたいという、背反した願望を自覚する。
 萩原朔太郎の「坂」という散文詩がある。朔太郎は坂道を好んだ。

 「坂のある風景は、ふしぎに浪漫的で、のすたるぢやの感じをあたへるものだ。(中略)我我は、坂を登ることによつて、それの眼界にひらけるであらう所の、別の地平線に属する世界を想像し、未知のものへの浪漫的なあこがれを呼び起す。」
萩原朔太郎「坂」

 私は坂道に対してはこのような情感を持たないが、ここには、ちょっと曲がった道と共通の感覚があるように思う。「別の地平線に属する世界を想像」できるのは、風景が隠されているからだ。その点で坂道とちょっと曲がった道は同じ性質を持つだろう。ちょっと曲がった道は、水平に横たわる坂道なのかもしれない。
 ちょっと曲がった道の多くは、計画されて生まれたものではない。その道筋は矯正から逃れ、支配から逃れ、永年ありのままの曲線を保っている。だからどこか自由で、かつ、強靭な印象を受ける。
 ちょっと曲がった道を歩きながら、彼方を思う。草を踏み分けて往き交う人々の姿が、アスファルトに重なって消える。

ーー

『せとうちスタイル』Vol.4
112ページ
瀬戸内人
2018年1月25日発売
ISBN-13: 978-4908875205



posted by pictist at 09:06| 都市鑑賞