2022年07月24日

相生橋水位観測所

IMG_7546.jpg

IMG_7500-Pano.jpg

岡山県庁舎のそば。旭川に架かる相生橋(あいおいばし)の西詰に、煉瓦造りの古い塔がある。国土交通省が管理している「相生橋水位観測所」だ。赤煉瓦の円筒形に三角屋根。これに蔦が絡まる様子は実に趣きがある。季節ごとに移ろう表情も見ものだ。

IMG_1186.jpg

IMG_7562.jpg

IMG_2262.jpg

『岡山県の近代化遺産』(岡山県文化財保護協会、2005年)は相生橋水位観測所の竣工を「大正期以前」と記載している。また、確認できた資料の中でもっとも古いのは『戦前の岡山』に載っている1919年(大正8年)の写真だ。

相生橋水位観測所_大正8年.jpg
渡辺泰多『戦前の岡山』(1997年、丸善岡山支店出版サービスセンター)より一部をトリミング

写真撮影時よりさらに前につくられた可能性は十分にある。ちなみに相生橋(初代)が架設されたのは1904年(明治37年)。その後、1914年(大正3年)に架け替えられ(2代目)、現在の相生橋は1937年(昭和12年)に竣工した(※その後改修)。

全国の水位観測所を調べたわけではないので断言できないが、現役の水位観測所としては最古の部類に入るのではないだろうか。いずれにしても築造からゆうに100年を超す貴重な構造物だ。

この塔は2016年に制作した「岡山芸術交流オルタナティブマップ」でも紹介したのだが、近くにある京橋(土木学会選奨土木遺産)や京橋水管橋(登録有形文化財)に比べると、注目される機会は少ないようだ。

コンクリートの普及以降、煉瓦構造物がつくられることは少なくなった。ましてや円筒形の煉瓦構造物が今後、新たにつくられることはまずないだろう。そうした意味でも貴重な文化遺産だと言える。

※相生橋は昭和61年に改修し、歩道を拡幅した。このとき親柱に設置された銘板には竣工年が「昭和13年」と記されているが、実際は昭和12年に竣工・開通している。

【参考文献】
『岡山県の近代化遺産』(2005年、岡山県文化財保護協会)
渡辺泰多『戦前の岡山』(1997年、丸善岡山支店出版サービスセンター)
『岡山市史』第6巻(1938年、岡山市役所)





posted by pictist at 09:17| 都市鑑賞