2021年11月16日

森林研究所のすてきな展望台

岡山県農林水産総合センター森林研究所(旧 岡山県林業試験場/岡山県勝田郡勝央町、1961年竣工)の展望台を見てきました。

IMG_4235-Pano.jpg

展望台から見るのではなく、展望台を見る。

IMG_4268-Pano.jpg

IMG_4284.jpg

IMG_4273.jpg

IMG_4269.jpg

すてきすぎん?

竣工当時の写真が『岡山の建築 1950-64』(岡山県建築士会、1964年)という本に載ってるんですが、

IMG_1790.jpg

今は木がいっぱい生えてて、この角度から見ることはできませんでした。というかまわりに木が多すぎる! 展望台の上に登ってみたんですが、樹木に囲まれて見通しは良くなかったです。

いや、言わないよ? 森林研究所に向かって「木がじゃま」だなんてぜったい言わないよ? 言いませんとも……うう…

IMG_4274.jpg

この展望台、森林研究所の公式サイトに載ってないんですよね。林業試験場の頃には載ってたみたいなんですが、リンクが切れてて。もったいないです。

IMG_4293.jpg

ところで、森林研究所ではその名の通りさまざまな樹木を研究してて、広大な山林が丸ごと敷地になってます。いろんな木が植えられてるんですが、その景色を「どこからどこまでが人為的なもので、もともとこの山に生えてた木はどれなんだろう?」と思いながら見渡して、なんだか不思議な気分になりました。

もちろん二次林も人の手が入っているという意味では人工的な風景なんですが。

IMG_4294.jpg

私は樹木に詳しくないのでそれほど明確には分かりませんが、見る人が見ればずいぶん「不自然な自然」に感じるでしょうね。




posted by pictist at 21:44| 都市鑑賞