2020年07月23日

日本の装飾テントにはなぜ「骨見せ」タイプがあるのか

装テン_緑と赤.jpg

装飾テント(略して装テン)の鑑賞を続けている。2008年から始めたのでかれこれ12年も見ていることになる。

装飾テントには、鉄骨(構造材)をテント生地で隠す「骨隠し」タイプと、剥き出しにする「骨見せ」タイプがある(「一部だけ骨見せ」というパターンもある)。

そのことは鑑賞を始めてすぐに気づいたが、数年ほど経った頃、さらに別のことに気がついた。

「骨見せ」タイプがあるのって、もしかして日本だけなんじゃない?

IMG_6170.jpg
骨隠しタイプ

IMG_7894.jpg
骨見せタイプ

IMG_3296.jpg
一部だけ骨見せ

残念ながら私は海外の装テンを生で見たことはないのだが、インターネットでときどき外国のテントをチェックしている。また、外国映画を観ていて装テンが映っている場面が出てきたら、必ず注意を向ける。

これまでに国外の装テンで、骨見せタイプを見たことがないのだ。

さらに別の比較材料もある。『世界のテント』(Vol.1/1986年発行、Vol.2/1995年発行)という写真集があるのだが、そこに掲載されている世界各国(主に欧米)の装飾テントを見ても、「骨見せ」はない。

IMG_9636.jpg

IMG_9637.jpg

この『世界のテント』という写真集の存在を知っている人は(テント業界の方を除けば)ほとんどいないだろう。一般書店に流通したものではないからだ。

『世界のテント』は、大阪で三進社印刷という印刷会社を営んでいた浅野穣一さんがつくった写真集。大変な労作だ。おそらく国内のテント業者向けに制作したのだろうと思う。私は2011年にこの本の存在を知り、古書店で入手した。

ある日、「骨見せタイプがあるのって日本だけなんじゃない?」と思いついて『世界のテント』をあらためて見返した。案の定、骨見せタイプは1点も載っていなかった。なぜ、日本の装飾テントにだけ骨見せタイプが存在するのだろうか。

推測だが、日本が「錆びやすい国」だからではないだろうか。

以前、テント職人さんにお話を伺ったことがある。この道数十年の大ベテランだ。その方がおっしゃるには、骨見せタイプより骨隠しタイプのほうが鉄骨が錆びやすいのだそうだ。

骨隠しタイプは、骨に雨水が伝ってとどまりやすい(あるいは湿気がこもりやすい)。そして乾きにくい。だから骨見せタイプより早く腐食してしまうというのだ。

高温多湿な日本の気候風土が、骨見せという施工法を生んだのではないだろうか。

ちなみに伝統的な日本建築は「真壁造り(しんかべづくり)」が基本である。柱や梁を隠さずに見せる工法のことだ。真壁造りが好まれたのは、日本が高温多湿だからだと言われている。

柱を壁で隠す「大壁造り」は壁の内部に湿気がこもり、部材が傷みやすくなる。だから部材を剥き出しにしてなるべく乾燥した状態を維持しようとする真壁造りが日本建築の標準になったのだ。

それと同じように、装テンの「骨見せ」も、日本の気候風土が要求した工法なのかもしれない。もちろん推測の域を出ない仮説だし、また一つだけではなく複合的な理由があるのかもしれない。ただ、そんなことを思いついたり、考えたりするのは楽しい。

IMG_2963.jpg


【余談1】

装テン鑑賞を始めた当時、僕が調べた限りでは(テント業界の方を除けば)装テンを鑑賞している人が他にいなくて、さびしい気持ちになったものです。

でも幸せなことに、今では全国に何十人かの装テン鑑賞者がいます。ツイッターには日々、#装テン のハッシュタグで様々な装テン写真が投稿されている。インターネットのありがたみを感じるのはこういうときです。

自分ひとりでは見ることができなかったはずの様々な装テンを、お互いに報告しあうことで知ることができるというのは、この上ない喜び。装テン鑑賞者がさらに増えることを願ってます。



【余談2】

どんなジャンルでもそうですが、長く鑑賞を続けていると、だんだん自分の中に「好み」が生まれてきます。また、「グッとくる」ポイントも意識するようになる。装飾テントに対しても、いつからか自分の中にそのような感情がめばえてきました。

鑑賞を始めた当初は、選り好みせず「かたっぱしから見る(撮る)」ようにしていましたが、そういう時期は過ぎて、今はピンときたものだけを撮影しています。

さらには「こんな装テンがあればいいのに」と、マイ装テン像を思い描くようにもなりました。「ピクトさん」の鑑賞では、そのような段階を経て実際にオリジナルの転倒系ピクトさんをデザインするに到ったのですが、装テンをオリジナルでつくるのはさすがに難しそう。でも夢想してます。

あと装テンのミニチュアもほしい。どこかのメーカーさんがつくってくれないかなあ。マグネット付きにするといいと思うんですよね。冷蔵庫にくっつけたり。絶対かわいいと思う。


【余談3】

『世界のテント』のVol.2には20〜30点ほど日本の装テンが掲載されていますが、浅野穣一さんは、日本のテントだけの写真集は出していません。出してくれたらよかったのになあ、と惜しく思います。

長年、装テン鑑賞をしていて思うのですが、日本の装テンは非常にユニークで、凝った造形のものが多い。中には「なんでそうなった?」と思うような奇妙なものもあるし、見ごたえがあるんですよね。

装テン鑑賞を続けるうちに、だんだん僕の中でテント職人さんへのリスペクトの気持ちが高まってきました。限られた条件の中で繰り広げられる創意工夫の数々を見るのは本当に楽しい。

心の中でテント職人のみなさんに拍手を送りつつ、今後も鑑賞を続けていきたいと思っています。

IMG_0913.jpg
テント職人の作業場



装テンコレクションの一部をこちらのサイトに載せています。
装テン souten : japanese awnings / 日本の装飾テント

『街角図鑑』(2016年、実業之日本社)に装飾テントについて寄稿しています。




posted by pictist at 16:02| 都市鑑賞