2020年06月06日

都市計画の中断が生んだ細長い公園

岡山市北区大和町にある公園「北方遊園地」は、妙に細長い。2本の道路に挟まれているとも言えるし、道路の真ん中にあるとも言える。マップを見ると分かるように、この道は線路につきあたって行き止まりになっている。クルマが頻繁に行き来するわけではないので、真ん中に公園をつくっても問題ないと判断したのだろう。



細長〜い敷地が3つ並んでいる。

IMG_8411.jpg

IMG_8410.jpg

IMG_8407.jpg

さらにマップを見ていると気づくことがある。この公園を含む道幅は、交差点の東側に続く道幅と同じだ。東西に太い一本のラインが見える。

北方遊園地マップ2.jpg
コピーライトマーク OpenStreetMap contributors

実はこの東西の道路は、主要幹線道路になるはずだった。線路を越すつもりだったので、まずはその手前まで用地取得・整備されたのだ。また、東側では旭川に橋を架ける予定だった。この計画がなくなり、かわりにつくられたのが現在の岡北大橋である(県道96号を結ぶ)。

この道路整備・延長は戦前から計画されていた。その名残が昭和15年(1940年)に建造された栄橋(岡山市北区中井町)だ。北方遊園地から東へ数百メートルの位置にある。

IMG_5901.jpg

IMG_5900.jpg

IMG_5909.jpg

IMG_5899.jpg

新時代の技術だった鉄筋コンクリートでこのような凝った意匠の橋がつくられたことに、この道への期待が伺える。

北方遊園地マップ.jpg
コピーライトマーク OpenStreetMap contributors

戦後もこの道の整備は続けられた。下の空中写真は1975年のもの。まだ北方遊園地はできておらず、交差点から西に「行き止まりの妙に広い道」がぽっかりと存在していることが分かる。

1975年_CCG745-C59B-14.jpg
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より

線路の向こう側に道が接続される気配がまったく見られないところが切ない。栄橋方面から続く道が、ここでプツンと途切れている。

具体的にいつごろ計画中止(とルート変更)が決定されたのかは調べてないが、中止決定後、ある日、誰かが発案したのだろう。「ここに公園つくれるんじゃない?」と。

1980年_CCG802-C12-8.jpg
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より

こちらは1980年の空中写真。公園かどうかまでは分からないが、道路に島ができている。北方遊園地はこの頃に誕生したのだろう。戦前に構想された都市計画が、長い年月を経て、結果的に細長い公園を生み出したのであった。


※本稿をまとめるにあたって『おかやま街歩きノオト』著者の福田忍さんに貴重な助言をいただきました。感謝いたします。



posted by pictist at 20:27| 都市鑑賞