2020年05月30日

『100均フリーダム』の思い出(1)

スクリーンショット 2020-05-30 3.42.19.png

今から10年前、2010年に『100均フリーダム』という本を出版しました。100円ショップで買い集めた不思議な商品を「作品」として鑑賞し、ひたすら褒め称えた本です。

当時の感想ツイートをこちらにまとめてるのでざっと見てみてください。これを読めば、未読の方が「今からでも買おう」と思ってくれるに違いない。

書籍『100均フリーダム』の感想ツイート(1)

書籍『100均フリーダム』の感想ツイート(2)

↓少し立ち読みもどうぞ。

スクリーンショット 2020-05-30 3.43.28.png

スクリーンショット 2020-05-30 4.25.51.png
スクリーンショット 2020-05-30 3.46.55.png

スクリーンショット 2020-05-30 5.12.17.png

スクリーンショット 2020-05-30 3.48.18.png

当時「書店の立ち読みで済まそうとしたけど笑いをこらえることができず、本を閉じてレジに持っていった」という感想を見たときはうれしかったなあ。

今読んでも面白いんですが、一つだけ残念なのは、本書に載っているような「フリーダムな」商品は、もうほとんど100均には売っていないということ。この10年で100均はずいぶん洗練されてしまいました。

当時は、この本を読み終えて100均に行けば、実際にフリーダム商品に会うことができた。本と現実が地続きになっていた。そこがいま読む人と当時読んだ人との決定的な差になってしまっていると思います。

『100均フリーダム』はけっこう話題になって、メディアにもたくさん取り上げてもらいました。

NHKの書評番組「週刊ブックレビュー」で取り上げられたり、

週刊ブックレビュー_キャプチャー.png

壇蜜さんが紹介してくださったり。

IMG_9243.JPG

各書店での展開も、書店員さんたちの熱が伝わってくるようでうれしかったです。

丸善津田沼店_100均フリーダム.jpg

第2回「ブクログ大賞」エッセイ部門で入賞したりもしました。

2020年5月31日までKindle版が30%OFFになっているそうなので、この機会にぜひ。

いつも心にフリーダムを。




posted by pictist at 05:47| あれこれ