2018年08月01日

部分の集積によって街をつかむ「金沢民景」

minkei07.png

金沢民景
https://kanazawaminkei.tumblr.com


さて、前回の続きです。「金沢民景」を企画した建築設計士の山本周さん(1985年生まれ)に電話でお話を伺いました。

山本さんのご出身は神戸。大学進学で金沢にやってきて、自分の育った神戸の新興住宅地の街並みとの違いに興味を持ったそうです。そんなカルチャーギャップもあって街をじっくり見始め、写真を撮ったり街の音を録音(!)したりしていたそう。

大学卒業後、山本さんは東京で働き始めます。金沢民景プロジェクトを始めたのは2015年。その頃はまだ東京に住んでいました。月に1度ほど仕事で金沢へ通っていたそうです。つまり金沢民景プロジェクトがスタートしたとき、山本さんは「ソトの人」だったわけです。これ、とても興味深いですね。都市鑑賞論で言及した「ソトの眼」を思い起こさせます。

(話は逸れますが、岡山で長年「おかやま街歩きノオト」というリトルプレスをつくっている福田忍さんが岡山県外のご出身であるということも、とても示唆的だと私は思っています)

他の都市に住んでいる私たちにも経験がありますが、山本さんも金沢の街を見ていて「良い時間の積み重ね方をしているな、と思っていた風景が、ある日一掃されて新しい建物ができる」様子を目撃して残念な気持ちになることが多かったそうです。

「(自分も含めて)みんな極端に古いものか、または最新のものばかりに目がいってるんじゃないか、と思い始めたんです。その中間にあるものをちゃんと見つめて、価値を評価できる視点がつくれないかと考えました」そんな思いが金沢民景へと結実していったようです。

同じような好奇心を持つ知り合いに声をかけ、活動をスタート。当初はお互いに撮った写真を見せあうだけで、それをどのような形で人に伝えていくか、どう表現するかはすぐには決まらなかったそうです。

あれこれと試行錯誤していたところ、メンバーの一人であるTowersさんが、ある冊子を入手します。それは「テクノポップユニット三鷹」のタカハシさんがつくった「三鷹スケープガイド」でした。A6・16ページのカジュアルな手づくり冊子。「これなら自分たちの手でつくれるし、いいんじゃない?」

mitaka.jpg

テクノポップユニット三鷹 /「三鷹スケープガイド」と「あずま屋メモ」
http://mitaka-sound.com/blog/?p=2720


活動を始めて2年ほど経っていました。ここでA6・16ページという体裁が決定します。そして半ば必然的に、「ジャンルごとに分冊すればいいよね」という発想に到ったのだそうです。

2017年7月、山本さんはふたたび金沢に居を移します。そして仲間たちと「金沢民景」の制作に取りかかり、9月に創刊。引っ越して1年経ち、だんだん金沢の「ウチの人」になりつつある今、どうやって「ソトの眼」を維持していくかが今の自分のテーマだとおっしゃっていました。

話は戻りますが、金沢民景の判型の元となった「三鷹スケープガイド」。これにも実は元となった冊子があるのです。私の知人で岡山在住のポールさんがつくった「ポール工房通信」がそれ。

pohl.jpg

ポール工房/工房通信の作り方
http://letterstosamuel.com/?p=7181


ポールさんは以前、自家製トートバッグを通販していた時期があるのですが、商品を発送する際に同封していた写真付きの読みものが「ポール工房通信」なんですね。そしてポールさんはこの冊子のつくり方をウェブサイトで公開していたのです(2014年)。それを見たタカハシさんが「三鷹スケープガイド」をつくり(2015年)、金沢民景につながるという。

私はタカハシさんともけっこう前からの知り合いなので、このつながりを知ったときはとてもうれしかったです。岡山、東京、金沢と連鎖した、都市鑑賞者の思わぬリレー。

山本さんはこんなこともおっしゃっていました。街で撮ってきた写真を並べて見ていると、部分の集積から浮かび上がってくる「金沢らしさ」のようなものを感じることがある。金沢民景の「1ジャンル1冊」という体裁は、それに似た感覚を表現できるのではないか、と。

たしかに1号1号の内容も楽しいけど、10号(10ジャンル)を通して見ると、なんとなく街の表情が見えてくるような気がします。今後20号、30号と蓄積していくと、さらに輪郭がはっきりしてくるんでしょうね。「部分の集積によって街をつかむ」という感覚を、私たちはまだ誰も経験したことがないんじゃないか。そう思うとますます今後が楽しみです。

わっ。また長くなってしまった。続きは次回へ。


続き

「金沢民景」的視点はどこででも実践できる
http://pictist.sblo.jp/article/184071891.html?1533187127


posted by pictist at 21:27| レビュー