2018年04月16日

知覚の輪郭 - 『路上と観察をめぐる表現史 ──考現学の「現在」』より

2013年に広島市現代美術館で開催された「路上と観察をめぐる表現史―考現学以後」展に合わせて刊行された公式書籍『路上と観察をめぐる表現史 ──考現学の「現在」』(フィルムアート社、2013年)に寄稿したコラム「知覚の輪郭」を以下に転載します。


知覚の輪郭
内海慶一

 町を歩く。立ち止まる。見る。カメラに収める。そんなことを長いあいだ続けてきた。観察対象はさまざまだが、なにを見ても最後に残るのは同じ感情である。見慣れた風景が、だんだん別の貌に変わっていく。よく知っているはずの町が、初めて訪れた場所のように思える。凝視すればするほど世界が拡散していく。やがて視線は対象にぶつかって跳ね返り、自分を覗き込む。

 たとえば「玄関灯」を観察してみようと思いつく。町を歩きまわり、各戸の玄関先に設えられた玄関灯を撮影していく。その中には知人の家もある。何度も訪れたことのある家だ。かつて玄関灯をふと見上げたこともあっただろう。しかし私はその日初めて、その家の玄関灯を認知する。造形の個性に気づく。一瞬、日常が組成変更したような感覚に襲われる。

 さらに町を歩く。玄関灯を撮り続ける。そのうち「門灯」に出くわす。門灯は玄関灯だろうか、と自問する。撮影するかどうか判断に迷う。さらに歩く。住宅街を抜け、繁華街に出る。飲食店の入口の照明器具が目に入る。これは玄関灯だろうか、と自問する。また判断に迷う。歩きながら考え始める。どこからどこまでが玄関灯なのだろう。対象を見つめながら私は、対象に見つめられていると思う。

 やがて玄関灯とそうでないものの境界線がぼんやりと浮かび上がってくる。その境界線は定義を規定するものではない。それは、私の知覚の輪郭である。その輪郭は風紋のように少しずつ変形し続ける。いつのまにか私は、私を観察している。

 今和次郎や吉田謙吉の仕事を知ったとき、先人たちも同じ感情を抱いただろうと想像して嬉しくなった。
 たとえば吉田謙吉の「門の移動的採集」という記録がある。町のさまざまな「門」をスケッチしたもので、スライドショーをするようにそれぞれの門を順に解説していくという内容である。瓦葺きの門。レンガづくりの門。鉄門。丸太でできた門……

 門扉がなく門柱だけが立っているものも吉田は「門」として採集している。やがて住家のみならず建設現場を囲う板塀や遊園地の出口なども登場し、ついには洗濯物のかけられた物干し竿までが「門」の仲間入りをする。

 吉田が門をスケッチしながら巡らしたであろう思考の流れが、私には見える。門を見続けるうちに「門とはなにか」という問いが生まれ、やがて知覚の輪郭が浮かび上がる。そのとき、風景の中にもう一つの風景が現れる。実際に町を歩き凝視した者だけが感じる不思議な興奮を、彼も経験したに違いない。

 観察表現というものがあるとするなら、観察者ごとに異なる知覚の輪郭こそが、観察行為を表現たらしめるだろう。
 観察者は科学者ではない。絶対不変の真理を追究する者ではない。観察者は都市を渉猟し、その眼差しの軌跡で詩を綴る。


『路上と観察をめぐる表現史 ──考現学の「現在」』(フィルムアート社、2013年)

91ce9o1hVyL.jpg


posted by pictist at 23:40| 執筆