2017年09月07日

都市鑑賞と「ソトの眼」についてのメモ(2)


kousyougigei.png
写真/『工商技芸看板考』

前回から続きます。

イベント「都市鑑賞論」では、明治20年に人類学者の坪井正五郎が刊行した『工商技芸看板考』も紹介した。これは酒屋、煙草屋、豆腐屋、蕎麦屋、湯屋など、様々な店舗看板の意匠を研究した書である。江戸時代の文献を引用しながら、過去と現在(江戸時代から明治時代にかけて)の日本の看板の造形を考察している。

坪井は序文にこう書いている。


『余が此書を著す主意は、是等の看板を網羅するに非ず、工商技芸の看板に深意妙味の有る事と、進化変遷有る旨を、聊か世人に示すに在り』

『工商技芸看板考』坪井正五郎


坪井は当時24歳。看板の形態の「進化変遷」を示したいと言えたのは、文献研究があってこそだろう。しかしそれだけではなく、明治20年という時代も、本書の執筆動機に関わっているのではないかと私は考える。日本の西欧化が急速に進んでいた時代。徐々に消えていく江戸の風景を、当時の人々(特に東京府民)は目の当たりにしていた。

変わっていく街並みの中、店舗看板も変化に晒されていたはずだ。明治初期の東京に暮らした坪井は、こうした知覚しやすい「時間的な移動」によってソトの眼を獲得しただろう。

坪井は風景・風俗の変化をはっきりと意識していた。そう言えるのは、同時期に坪井が日本で初めての「風俗測定」をおこなっているからだ。同じ明治20年に発表した論文「風俗漸化を計る簡単法」がそれである。坪井は上野公園を歩く人々の服装がどのくらい西洋風になっているかを調査した。

坪井はこう述べている。


『維新以来、西洋の文物が我邦に入り込むに従って、頭髪、衣服、及び履物も西洋風に移ってきましたが、頭から足まで一時に変ずるのではなく、頭だけ西洋風にして他は日本風にして置く者もあり、頭と足とを西洋風にして着物は従前の通りにして置く者も有りまして、次第次第に此風を捨てて彼風を取るのですから、是等の統計を作たならば風俗漸化の速力方向を知るに足りましょう』

風俗漸化を計る簡単法(坪井正五郎「東京人類学会報告」第14号)


空間的な移動が「ソトの眼」を得るきっかけになるのと同じように、時間的な移動も「ソトの眼」を得るきっかけになりえると私は思っている。それは現代においても同じだ。明治維新後ほどの急激な変化はなくても、都市は常に表情を変え続けている。そして私たちはある日、ふと気づくのだ。都市から減りつつある「それ」が、徐々に存在感を持ち始めていることに。その存在感は魅力かもしれないし、違和感かもしれない。

私たちはよく、古いモノや古びた風景を愛でる感情を「ノスタルジー」という言葉で表現する。また、レトロという言葉もよく使う。どちらも「懐古」という意味でおおむね間違いないだろう。

しかし私たちがノスタルジーだと思い込んでいる感情や、レトロ趣味だと思い込んでいる好奇心の中には、そのどちらでもない別の感情が宿っている可能性がある。それが「時間的な移動によって獲得したソトの眼」がもたらす感覚だ。


都市鑑賞と「ソトの眼」についてのメモ、次回は「劇化」について考えてみようと思います。

タグ:都市鑑賞
posted by pictist at 00:47| 都市鑑賞