2021年06月29日

『シュロ2』に寄稿しました

IMG_2403.jpg

日日さん(@___h_i_b_i___ )と温田庭子さん(@pyonnurila )のお二人が2018年に制作した冊子『写真とまんが シュロ』に続く第二弾、『写真とまんがと文 シュロ2』ができあがりました。今回、お声がけいただいて私も寄稿しています。タイトルは「棕櫚俳句を鑑賞する」。俳句素人の私が、無謀にも俳句の鑑賞文を書きました。

IMG_2400.jpg

棕櫚のことをいろいろ調べてるうちに、ある日「棕櫚の花」が季語だということを知ったんです。それから棕櫚俳句を探してコレクションしてたんですが、『シュロ2』というきっかけをもらったので、鑑賞してみることにしました。俳句の評論はできないけど、棕櫚俳句についてなら、棕櫚鑑賞者の立場からなにか書けるんじゃないかなと思ったのです。

取り上げた棕櫚俳句は以下の20句。カッコ内は出典です。

椶櫚の花梯子とどかぬ高さかな 正岡子規
(『季語別 子規俳句集』松山市立子規記念博物館、1984年)

梯子継ぎ危く棕梠を剥ぎゐたり 兼巻旦流子
(『新歳時記』河出書房新社、2015年)

つつましき高さに垂れて棕櫚の花 鷹羽狩行
(『季語別 鷹羽狩行句集』ふらんす堂、2001年/『十一面』立風書房、1995年)

棕梠高く剥ぎて北窓塞ぎけり 村山葵郷
(『春暁』東炎山房、1944年)

棕櫚剥ぎて棕櫚の高さの残りけり 稲畑汀子
(『ホトトギス新歳時記』(第三版)三省堂、2010年)

村落に洋館ありて椶櫚の花 正岡子規
(『季語別 子規俳句集』松山市立子規記念博物館、1984年)

花棕梠や園丁つとに夏帽子 篠原鳳作
(『篠原鳳作全句文集』沖積舎、1980年)

棕櫚の花とつとと牛の寄つてくる 飯島晴子
(『飯島晴子全句集』富士見書房、2002年)

山畑や椶櫚の根もとの曼珠沙華 河野静雲
(『増補 現代俳句大系 第4巻』角川書店、1981年/『閻魔』1940年)

谿ふかく棲める木魂や棕梠の花 木下夕爾
(『花の歳時記』講談社、2004年)

棕櫚の花港の風も忘れじよ 中村汀女
(『中村汀女全句集』毎日新聞社、2002年)

棕櫚の花海に夕ベの疲れあり 福永耕二
(『角川俳句大歳時記』角川学芸出版、2006年)

花棕梠に海の入日の濃かりけり 丸山哲郎
(『俳句歳時記』(新装第二版)平凡社、2012年)

棕櫚の花沖より来たる通り雨 皆川盤水
(『草木花歳時記』朝日新聞社、1999年)

棕梠の花真昼の雲が海に湧く 山田佐人
(『新歳時記』河出書房新社、2015年)

海の上まで何もなき棕梠の花 和知喜八
(『和知喜八全句集』紅書房、2013年)

村中にひよつと寺あり椶櫚の花 也有
(『蘿葉集』、1782年)
【お詫びと訂正】この句の「村中」を、本誌で「山中」と誤記してしまいました。お詫びして訂正いたします。

古寺に皮むく椶櫚の寒げなり 鬼貫
(『角川俳句大歳時記』角川学芸出版、2006年/『大悟物狂』1690年)

古寺や僧なまめかす椶櫚の花 三園
(『日本俳書大系 第2巻』春秋社、1934年/『続虚栗』1687年)

棕櫚咲いてシャツ・パンツ・ココロよく乾く 池田澄子
(『たましいの話』角川書店、2005年)

今回取り上げた作品以外にもたくさん棕櫚俳句を発見してるので、いつか続編も書いてみたいと思っています。

「棕櫚俳句を鑑賞する」は6ページの小文なので、脇役です。『シュロ2』は全62ページの読み応え。発行人である日日さんが撮影したすてきなシュロ写真たちと、「ぴょんぬりら」こと温田庭子さんのシュロ漫画「シュロのくに」をぜひご堪能ください。

IMG_2401.jpg

あと、いろんな人が撮ったシュロ写真を紹介する「みんなのシュロ」コーナーもあります。シュロ仲間が増えてうれしい。

『写真とまんがと文 シュロ2』
著者:日日、温田庭子、内海慶一
発行:パルム書房
初版:2021年6月25日
判型:B6判(62ページ)
価格:1100円(税込)


取り扱い店は追って告知しますが、まずは下記イベントで先行販売しています。名古屋の方、ぜひ。

「港まちアートブックフェア2021」
2021年6月29日(火)–8月14日(土)
11時–19時
休廊日:日曜・月曜・祝日
会場:港まちポットラックビル3F(名古屋市港区名港1-19-23)
入場無料
企画|Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
主催|港まちづくり協議会

IMG_2407.jpg

【追記】
大阪のシカクさんで取扱いがスタートしました!
下記オンラインショップから通販可能です。
シカク オンラインショップ|パルム書房「写真とまんがと文 シュロ2」

【追記2】
東京・中野のタコシェさんでも取扱いがスタートしました!
タコシェ オンラインショップ|パルム書房「写真とまんがと文 シュロ2」

【追記3】
東京・下北沢のB&Bさん、京都のVOU / 棒さんでも取扱いがスタートしました!


posted by pictist at 10:27| 執筆

2021年06月26日

夢を何人称視点で見ているかという話

夢って何人称視点で見ますか?

僕は常に一人称視点で、ついこの前まで他の人もみんなそうだと思い込んでました。けれどある日、ふと「三人称視点で見る人もいたりして?」と思って、ツイッターで聞いてみたんです。


いた! しかも一人称と三人称の両方で見る人もいるらしい。これ、僕はけっこう衝撃でした。

一人称視点とは、コンピューターゲームで言うところのFPS(ファーストパーソン・シューティング)の視点。キャラクターが見ている視界そのもの。本人視点ですね。

三人称視点はTPS(サードパーソン・シューティング)の視点。自分が操作しているキャラクターの体が見えている視点です。

夢で自分の背中を見ている人がいるのか!

三人称で夢を見ている人は、それが自分にとっての当たり前だから「なにをそんなに驚いてるの?」という感じかもしれませんが、僕は想像したこともなかったんですよ。

誰かと「こんな夢を見た」みたいな話をすることって、人生で何度もあるじゃないですか。でも人称視点のすり合わせなんてすることないもんねえ。

しかし驚くのはまだ早かった。さらに「もしかして?」と思い、こんな質問もしてみたんです。


いないよね……? ぐらいな感じであまり期待せずに聞いたんですが、


いた!


「TMレボリューションになったステージ上の自分」を客席から見ている……!

さらに能町さんの夢がすごかった。


なにこれ!? すぐに状況が想像できなかったよ。

つまり…「私=ドラえもん」で、クルマを運転してて、それは一人称視点で見ていると。で、事故って、その瞬間に視点が移動して、「ドラえもんではない私」として、アパートの窓から、事故ったクルマとドラえもんを見ている。

視点が途中で移ることなんてあるんだ。


「私が事故ってる」……!

ふと思いつきで聞いてみたんですが、思いのほか大勢の人が「一人称以外」で夢を見てたり、「自分以外」の存在になって夢を見ていることが分かって驚きました。

なにに驚いたのかというと、こんなにも身近でありふれた「夢を見る」という体験の中に、自分が今まで気づいていない相違性があったことに、です。







posted by pictist at 10:07| 都市鑑賞

2021年06月21日

Eテレにピクトさんが登場

コレナンデ商会_ピクトさん2.png

Eテレの「コレナンデ商会」という番組にピクトさんが登場しました。「避難口誘導灯 ドッチ?コッチ?」というタイトルの放送回です。

コレナンデ商会_ピクトさん.png
ナレーション:「避難口誘導灯。ちなみに、ここに描かれたマークのような絵文字や記号をピクトグラムと言います。ピクトグラムなので、この人物は「ピクトさん」と呼ばれています」

NHKの番組で「ピクトさんと呼ばれています」と当たり前のように紹介されているのを見ると、感慨深いです。





タグ:ピクトさん
posted by pictist at 00:59| ピクトさん

2021年06月06日

型板ガラス「菊」の謎

IMG_5335.jpg

「菊」と呼ばれている型板ガラスがありまして。上掲の画像がそれです。この型板ガラスがいつ、どこの会社よってつくられたものなのか、さっぱり分からないんですよ。「菊」という商品名が正しいのかさえ、定かではない。単にネット上でそう呼ばれてるだけなので。

日本の型板ガラスは旭硝子、セントラル硝子、日本板硝子の3社が生産していました。各社の社史も見てみたんですが、手がかりはつかめず。

どなたかご存じの方がおられましたら教えてください。




タグ:都市鑑賞
posted by pictist at 08:26| 都市鑑賞