2021年03月29日

型板ガラス「しきし」の謎

街で型板(かたいた)ガラスを見かけると撮影している。型板ガラスにはさまざまな柄があり、見ていて楽しい。

日本の型板ガラスは旭硝子、セントラル硝子、日本板硝子の3社が生産していた。ほとんどの商品は昭和中期にリリースされたものだ。当時は各社が競って新しい模様の型板ガラスをつくり、「新柄戦争」と呼ばれるほどの激しい販売競争を繰り広げたそうだ。

その中に「しきし(色紙)」という名前の型板ガラスがある。

型板ガラスを撮り始めて数年経った頃、あることに気づいた。よく見ると、「しきし」には2種類の柄があるのだ。

型板ガラスのファンはまあまあ多いはずだが、このことを指摘した記述はネット上には見あたらない。

まずこちらを「しきしA」と呼ぼう。よく見てほしい。

しきし_セントラル硝子01.jpg

しきし_セントラル硝子02.jpg

しきし_セントラル硝子03.jpg

四角の中に細い線が刻まれているのが分かるだろうか。ハッチングである。

次にこちら。「しきしB」。

しきし_旭硝子01.jpg

しきし_旭硝子02.jpg

しきし_旭硝子03.jpg

Aと違って、四角の中はハッチングではなく細かな地紋で埋められている。あきらかに別の柄だ。

『産業技術史資料データベース』によると、「しきし」は旭硝子とセントラル硝子の2社が販売していたようだ。だから「2社がつくっていたこと」じたいは周知の事実なのだが、2種類のデザインが存在しているとはどこにも書かれていない。

どちらかが旭硝子製で、どちらかがセントラル硝子製なのだろうか。もしそうだとして、どっちがどっちなのだろう。

『産業技術史資料データベース』の記述では、「しきし」の製造年は1952年(昭和27年)、メーカーは「旭硝子、セントラル硝子」と併記されているため、あたかもその年に2社が同時にリリースしたかのように読める。はたしてそうなのだろうか。

そこで各社の歴史をひもといてみた。

旭硝子の社史によれば、「色紙」が発売されたのは1952年(昭和27年)。発売年に関しては『産業技術史資料データベース』の記述は正しい。しかし商品名の表記が違う。旭硝子の社史には、ひらがなではなく漢字で「色紙」と記されている。

旭硝子_社史.jpg
『社史』(旭硝子株式会社、1967年)より

次にセントラル硝子の社史によると、同社が初めてオリジナル柄をリリースしたのは1963年(昭和38年)のことで、そもそも上記1952年(昭和27年)にはまだ型板ガラスの製造を始めていない。

そして、その1963年(昭和38年)に初めてリリースしたオリジナル柄第1号が、まさに「しきし」だった。こちらはひらがなで「しきし」と記されている。

旭硝子は「色紙」(1952年)、セントラル硝子は「しきし」(1963年)というわけだ。さて、では上掲2種の、どっちがどっちの柄なのだろうか。

それを解く手がかりは、別の型板ガラスにある。それが旭硝子の「このは」だ。

このは_旭硝子01.jpg
上の左右2枚と、右下の柄が「このは」

このは_旭硝子02.jpg

「このは」は旭硝子が1962年(昭和37年)に発売した新柄で、日本の型板ガラス史上、初めて「ハッチング」を用いたデザインだった。以下、同社の社史より引用。

当社は昭和37年の秋に、従来の型模様の常識を破った、きらびやかなセンスのある「このは」を発売した。この画期的な模様が市場の共鳴を呼び、市場のガラス模様に対する観念が一変し、爆発的な売行きを示した。

また、『産業技術史資料データベース』はこのように解説している。

微細な線のハッチングという、当時としては極めて高度な技術を試みたことにより、光の方向で表情が変わるという新たな機能を実現した。その新しさと、当時普及してきたテレビを媒体に宣伝したことが功を奏し爆発的にヒットした。

セントラル硝子が「しきし」を発売するのは、旭硝子の「このは」の翌年のことである。

ここからこんな想像ができる。セントラル硝子は、旭硝子の「色紙」のデザインを借りつつ、前年にヒットした「このは」に用いられたハッチングを応用することで、自社オリジナルの「しきし」として発売したのではないだろうか。

つまり、ハッチング柄のほうがセントラル硝子製だ。

セントラル硝子は「しきし」発売の2年後、1965年(昭和40年)に「かるた」という新柄をリリースする。これは「しきし」を大型にした模様で、こちらにも同じようにハッチングが施されていた。

かるた_セントラル硝子01.jpg
セントラル硝子「かるた」

かるた_セントラル硝子02.jpg
「かるた」の拡大

『産業技術史資料データベース』は「かるた」についてこう解説している。

大柄な構成だが、その一つ一つに細かな線をハッチングすることにより、光の方向によって輝きがかわる工夫をしている。この細線の手法は1962年の「このは」で初めて試みられた手法である。

セントラル硝子の「かるた」にハッチングが施されていること、そして旭硝子が「色紙」を発売した1952年(昭和27年)にはまだハッチング技術が確立されていなかったことから、上掲のAがセントラル硝子製、Bが旭硝子製であると推測できる。


※いずれの型板ガラスも現在はもう生産されていません。ご自宅にあるという方は、どうぞだいじにしてください。


【参考文献】
『産業技術史資料データベース』(居住技術研究所、社団法人日本建築学会)
『社史』(旭硝子株式会社、1967年)
『セントラル硝子三十五年史』(セントラル硝子株式会社、1972年)




タグ:都市鑑賞
posted by pictist at 07:55| 都市鑑賞

2021年03月18日

石灰世界

以前、仕事である石灰工場を取材したときの写真です。まっ白な世界に迷い込み、取材を忘れてしばらく見とれてしまいました。

IMG_1371.jpg

この会社は山で石灰石を採掘し、コンベアで石を運び、破砕し、石灰製品を生産しています。舞い散った石灰の粉が降り積もって、このような白い世界ができあがるんですね。

特別にブログへの掲載許可をいただきました。





タグ:都市鑑賞
posted by pictist at 14:12| 都市鑑賞

2021年03月15日

表町アルバビル旧館のオールド送水口

以前、岡山県産業会館のオールド送水口を紹介しましたが、岡山市内にはもう一つ、貴重なオールド送水口があります。それが表町アルバビル旧館(岡山市北区、1961年竣工)のオールド送水口。南面にあります。

IMG_1626.jpg

露出Y型と呼ばれるタイプです。

IMG_1627.jpg

露出Y型そのものはまだ多く現存してるんですが、この送水口が「村上製作所」製の「差込式」であるという点で珍しいのです。

IMG_1629.jpg
村上製を示すMマーク。

送水口のホース接続口には「ねじ式」と「差込式」の2種類があるのですが、村上製作所製のオールド送水口は「ねじ式」が多く、「差込式」は出荷数が少ないのです。だから現存数も少ない。

送水口のホース接続口は、かつて東京都内は「ねじ式」、それ以外の地域は「差込式」と定められていました。村上製作所は東京のメーカーなので、「ねじ式」の出荷数のほうが多かったわけです。

そしてときどきはこうして地方へ販売することもあり、当然その場合は「差込式」を出荷していたということですね。

「ねじ式」は下のようなタイプ。接続口の横に突起が出ているのが分かるでしょうか。この突起があるのがねじ式。

IMG_6018.jpg

冒頭のアルバビルの送水口をもう一度見てみてください。突起がありませんよね。

今回の記事を書くにあたって、村上製作所の村上善一社長より製品の歴史について詳しくご示教いただきました。ありがとうございました。



余談ですが、表町アルバビル旧館にはもう一つ、珍しい設備が残っています。ダストシュートのように上の階から投函できるシュート式ポストです。

IMG_1789.jpg
これは2階の廊下にある投函口。さらに上(3階以上)からもつながってるのが分かりますね。

IMG_1788.jpg
ここから投函すると、

IMG_1790.jpg
1階に到達。

IMG_1791.jpg
集荷は2008年に廃止されています。


【関連記事】
>>送水口博物館に行ってきたよ





posted by pictist at 19:21| 都市鑑賞

2021年03月13日

岡山市民会館の記録

岡山市が、岡山市民会館(1963年/昭和38年竣工)を取り壊す方針を表明したというニュースが流れてきました。新市民会館「岡山芸術創造劇場」の開館(2023年夏頃予定)に伴う判断だそうです。

下記は以前、岡山市民会館を見学したときの記事。

>>岡山市民会館のかっこいい場所

このとき掲載しなかった写真があるので、以下にご紹介します。まだ取り壊しが確定したわけではないと思いますが、いずれにしても今のうちにしっかり鑑賞しておきましょう。

岡山市民会館は「おかやまの歴史的土木・近現代建築資産」にも紹介されている建物なので、もったいないですね。

>>歴史的土木・近現代建築資産一覧|岡山市民会館

他の自治体では、取り壊しを予定していた建物が、その後、一転して保存されることになったという例もあります。

大好きなバンド、ザ・クロマニヨンズのライブをここで何度も見ました。閉館までにもう一回くらい、岡山市民会館でライブを見たいなあ。

IMG_6717.jpg

IMG_6706.jpg

IMG_6719.jpg

IMG_6598.jpg

IMG_6667.jpg

IMG_6646.jpg

IMG_6643.jpg

IMG_6603.jpg

IMG_6693.jpg

IMG_6722.jpg

IMG_6624.jpg

IMG_6619.jpg

IMG_6612.jpg

IMG_6660.jpg

IMG_6600.jpg

IMG_1728.jpg

IMG_6712.jpg

IMG_1726.jpg

IMG_1722.jpg

IMG_1718.jpg

IMG_1762.jpg

IMG_1713.jpg

IMG_1709.jpg

IMG_1705.jpg

IMG_4666.jpg

IMG_6675.jpg

IMG_6684.jpg

IMG_8237.jpg

IMG_8238.jpg

IMG_8240.jpg

IMG_7389.jpg

IMG_1734.jpg

IMG_7387.jpg

IMG_1730.jpg

IMG_1732.jpg

IMG_1741.jpg

IMG_4668.jpg

IMG_1724.jpg

設計は佐藤武夫。音響学と建築をつなぐ建築音響学の先駆者で、日本建築学会の会長も務めました。

下記は南の立面図ですが、設計段階では北西に時計付きの塔を建てる計画だったことが分かります。

IMG_1075.JPG

しかし実際には下のように、塔は途中で途切れており、国旗掲揚ポールのみが高く伸びています。

IMG_1765.jpg

なぜ計画を変更して塔をやめたんでしょうね。




posted by pictist at 20:08| 都市鑑賞