2020年07月30日

『街角図鑑 街と境界編』に寄稿しました

『街角図鑑』の続編、『街角図鑑 街と境界編』がそろそろ書店に並ぶようです。僕は前回「装飾テント」を寄稿しましたが、今回は「玄関灯」を寄稿しました。企画者の三土たつおさんを始め、15名の都市鑑賞者たちが写真と文章を寄せています。

街角図鑑_書影.jpg

見本誌が届いたのでさっそく読んでますが、どのページにも「街で見たことあるもの」が載っていて、どのページにも今まで知らなかったことが書いてある。やっぱり面白い。

以下が目次です。カッコ内がその章の執筆者で、それ以外は三土さんの執筆となります(編集担当の磯部さんも「橋」を執筆)。

【街にあるもの】
配管
足場(小金井美和子)
玄関灯(内海慶一)
エアコン室外機(斎藤公輔)
ガスメーター
電気メーター
給水塔(小山祐之)
商店街
神社
路上園芸(村田あやこ)
残余地(島野翔)

【私たちを取り囲んでいるもの】
道路・歩道・通行帯
交差点
坂道
階段
歩道橋
踏切
高架橋脚(田村美葉)
見える地下(小金井美和子)
公園を観察する(石川初)
公園遊具
東屋(高橋英樹)
公園遊具
パーキングスケープ(八馬智)
駐車場

【街と街の間にあるもの】
川そのものと周辺のいろいろ
ダム(萩原雅紀)
田んぼ


トンネル
鉄塔(加賀谷奏子)
都市鑑賞とは何か(大山顕)

僕がこのシリーズをいいなと思うのは、「図鑑」を名乗りながら、専門家ではなく「鑑賞者」がメインで参加しているところ。各分野の「中の人」とか研究者に執筆を依頼するという選択肢もあるはずだけど、主に「それをずっと見ている人」が執筆しているのです。

鑑賞者側からの目線でつくられていることが、本書をユニークなものにしている。そしてあらためて驚くのは、それを成立させる各ジャンルの鑑賞者がいるということです。よく考えたらすごい。

IMG_9640.jpg

IMG_9643.jpg

IMG_9641.jpg

IMG_9638.jpg

ところで、本書の最終章に大山顕が「都市鑑賞とは何か」という文章を寄せています。とても大切なことを言ってると思うので、少し紹介します。

以下、僕なりにパラフレーズしてみました(パラフレーズって一回言ってみたかった)。大山さんはだいたいこんな感じのことを言ってます。



よく「独自の視点」という言葉で、さもそのような「能力」が存在するかのような言い方をする人がいるが、そんなものはない。都市鑑賞者の「視点」は、見るという「行為」と一体なのであって、「視点」のみが先行して備わっているわけではない。

対象を見るという「行為」が、自己にフィードバックして「独自の視点」を得るということは、あるだろう。しかしそれは「見た」から得られたのだ。見るという「行為」が「視点」に影響を与え、影響を受けた「視点」が今度は「行為」に影響を与える。その往復こそが重要なのであって、二つを切り離して考えることは無意味だ。



適切に要約・言い換えができているかどうか分からないけど、上記のような主張が核になっているはずです。たぶん。

また、大山さんは、「実行」こそが価値なのであり、見る「理由」なんてどうでもいいことなのだと言います。

次に、「都市鑑賞とは何か」から文章の一部をそのまま引用します。

《「独自」なんてくだらない。それは幻想だ。そんなものは必要がない。世界中の人が工場を団地を見て回るべきだと思う。鉄道趣味が素晴らしいのは、多くの人が参加しているからだ。》

《「アイディア」も「視点」も架空のもので、あったとしてもそれは誰かからの借り物だ。》

《動機やきっかけなど大したものではない。重要なのは鑑賞を続ける、ということだけだ。》

そう、見続けること。僕も「見続けた人だけが体験できる世界」があると思っています。『街角図鑑』に興味を持ったら、次はあなたもぜひ、何かをしつこく見続けてみてください。対象はなんでもいいんです。都市鑑賞って、面白いよ。

あ、正確に言うと「面白くなる」よ。見てるうちに。


『街角図鑑 街と境界編』
三土たつお 編
実業之日本社
四六判160ページ
2020年8月3日発売
本体価格 1700円+税
ISBN 978-4-408-33941-2




posted by pictist at 00:13| 執筆

2020年07月28日

10年ぶりの100均フリーダム

久しぶりに100均でフリーダム商品に出会ったので、鑑賞文を書きました。自由は死せず。

IMG_9631.jpg

見る向きはこれで正しいのか。まずそう思ったが、これで合っているようだ。商品名は「ぶら下がりザウルス」。恐竜のキャラクターらしい。手足の関係が、にわかには把握しづらい。一番下に突きだしている大きな膨らみはなんなのか。しっぽなのか。
ここには、曖昧さの肯定がある。漠然としてたっていい。分かりやすくきれいに整った形は気持ちいいかもしれないが、ぐだぐだにはぐだぐだなりの魅力があるのだ。2ヶ所ある糸のほつれも、いいアクセントになっている。
フリーダムの火はまだ消えてないよ、と100均作家がメッセージを送ってくれているような気がした。


>>『100均フリーダム』の思い出(1)
>>『100均フリーダム』の思い出(2)




posted by pictist at 21:28| 執筆

2020年07月23日

日本の装飾テントにはなぜ「骨見せ」タイプがあるのか

装テン_緑と赤.jpg

装飾テント(略して装テン)の鑑賞を続けている。2008年から始めたのでかれこれ12年も見ていることになる。

装飾テントには、鉄骨(構造材)をテント生地で隠す「骨隠し」タイプと、剥き出しにする「骨見せ」タイプがある(「一部だけ骨見せ」というパターンもある)。

そのことは鑑賞を始めてすぐに気づいたが、数年ほど経った頃、さらに別のことに気がついた。

「骨見せ」タイプがあるのって、もしかして日本だけなんじゃない?

IMG_6170.jpg
骨隠しタイプ

IMG_7894.jpg
骨見せタイプ

IMG_3296.jpg
一部だけ骨見せ

残念ながら私は海外の装テンを生で見たことはないのだが、インターネットでときどき外国のテントをチェックしている。また、外国映画を観ていて装テンが映っている場面が出てきたら、必ず注意を向ける。

これまでに国外の装テンで、骨見せタイプを見たことがないのだ。

さらに別の比較材料もある。『世界のテント』(Vol.1/1986年発行、Vol.2/1995年発行)という写真集があるのだが、そこに掲載されている世界各国(主に欧米)の装飾テントを見ても、「骨見せ」はない。

IMG_9636.jpg

IMG_9637.jpg

この『世界のテント』という写真集の存在を知っている人は(テント業界の方を除けば)ほとんどいないだろう。一般書店に流通したものではないからだ。

『世界のテント』は、大阪で三進社印刷という印刷会社を営んでいた浅野穣一さんがつくった写真集。大変な労作だ。おそらく国内のテント業者向けに制作したのだろうと思う。私は2011年にこの本の存在を知り、古書店で入手した。

ある日、「骨見せタイプがあるのって日本だけなんじゃない?」と思いついて『世界のテント』をあらためて見返した。案の定、骨見せタイプは1点も載っていなかった。なぜ、日本の装飾テントにだけ骨見せタイプが存在するのだろうか。

推測だが、日本が「錆びやすい国」だからではないだろうか。

以前、テント職人さんにお話を伺ったことがある。この道数十年の大ベテランだ。その方がおっしゃるには、骨見せタイプより骨隠しタイプのほうが鉄骨が錆びやすいのだそうだ。

骨隠しタイプは、骨に雨水が伝ってとどまりやすい(あるいは湿気がこもりやすい)。そして乾きにくい。だから骨見せタイプより早く腐食してしまうというのだ。

高温多湿な日本の気候風土が、骨見せという施工法を生んだのではないだろうか。

ちなみに伝統的な日本建築は「真壁造り(しんかべづくり)」が基本である。柱や梁を隠さずに見せる工法のことだ。真壁造りが好まれたのは、日本が高温多湿だからだと言われている。

柱を壁で隠す「大壁造り」は壁の内部に湿気がこもり、部材が傷みやすくなる。だから部材を剥き出しにしてなるべく乾燥した状態を維持しようとする真壁造りが日本建築の標準になったのだ。

それと同じように、装テンの「骨見せ」も、日本の気候風土が要求した工法なのかもしれない。もちろん推測の域を出ない仮説だし、また一つだけではなく複合的な理由があるのかもしれない。ただ、そんなことを思いついたり、考えたりするのは楽しい。

IMG_2963.jpg


【余談1】

装テン鑑賞を始めた当時、僕が調べた限りでは(テント業界の方を除けば)装テンを鑑賞している人が他にいなくて、さびしい気持ちになったものです。

でも幸せなことに、今では全国に何十人かの装テン鑑賞者がいます。ツイッターには日々、#装テン のハッシュタグで様々な装テン写真が投稿されている。インターネットのありがたみを感じるのはこういうときです。

自分ひとりでは見ることができなかったはずの様々な装テンを、お互いに報告しあうことで知ることができるというのは、この上ない喜び。装テン鑑賞者がさらに増えることを願ってます。



【余談2】

どんなジャンルでもそうですが、長く鑑賞を続けていると、だんだん自分の中に「好み」が生まれてきます。また、「グッとくる」ポイントも意識するようになる。装飾テントに対しても、いつからか自分の中にそのような感情がめばえてきました。

鑑賞を始めた当初は、選り好みせず「かたっぱしから見る(撮る)」ようにしていましたが、そういう時期は過ぎて、今はピンときたものだけを撮影しています。

さらには「こんな装テンがあればいいのに」と、マイ装テン像を思い描くようにもなりました。「ピクトさん」の鑑賞では、そのような段階を経て実際にオリジナルの転倒系ピクトさんをデザインするに到ったのですが、装テンをオリジナルでつくるのはさすがに難しそう。でも夢想してます。

あと装テンのミニチュアもほしい。どこかのメーカーさんがつくってくれないかなあ。マグネット付きにするといいと思うんですよね。冷蔵庫にくっつけたり。絶対かわいいと思う。


【余談3】

『世界のテント』のVol.2には20〜30点ほど日本の装テンが掲載されていますが、浅野穣一さんは、日本のテントだけの写真集は出していません。出してくれたらよかったのになあ、と惜しく思います。

長年、装テン鑑賞をしていて思うのですが、日本の装テンは非常にユニークで、凝った造形のものが多い。中には「なんでそうなった?」と思うような奇妙なものもあるし、見ごたえがあるんですよね。

装テン鑑賞を続けるうちに、だんだん僕の中でテント職人さんへのリスペクトの気持ちが高まってきました。限られた条件の中で繰り広げられる創意工夫の数々を見るのは本当に楽しい。

心の中でテント職人のみなさんに拍手を送りつつ、今後も鑑賞を続けていきたいと思っています。

IMG_0913.jpg
テント職人の作業場



装テンコレクションの一部をこちらのサイトに載せています。
装テン souten : japanese awnings / 日本の装飾テント

『街角図鑑』(2016年、実業之日本社)に装飾テントについて寄稿しています。




posted by pictist at 16:02| 都市鑑賞

2020年07月11日

「気になる家」シリーズ

個人宅の写真をときどき撮ってるんですが、そのほとんどはネットに載せていません。仮に載せたとしても、具体的な所在地は書かないでしょう。

でも例外があります。それは、その家が消滅したとき。

というわけで、過去に撮った住宅写真の中から、今は存在していないものを以下にご紹介します。現在は更地になってたり、別の家が建ってたりします(いずれもなくなったのは2010年以降)

これらは自分の中で「気になる家」と呼んでいるシリーズです。


(1)岡山市北区寿町にあった家。近所の方の話によると戦前の建物だったそうです。

IMG_6584.jpg


正面右側から。

IMG_6583.jpg


裏側。

IMG_6582.jpg


(2)岡山市中区門田屋敷にあった家。こちらもかなり古かったのではないでしょうか。窓も木枠だし。

IMG_7860.jpg


このあたりの絡み合いにグッときました。

IMG_7860-2.jpg


(3)そしてここ! 岡山市北区古京町にあった家。すごくないですかこれ。なんというか、「ぜんぶ異形」じゃないところがいい。普通の姿に、一ヶ所だけ異形がくっついている。そこにクラッときます。

IMG_6983.jpg


コンパクトなかわいさもありますよね。

IMG_6982.jpg

他にもありますが、今回は以上です。

現存する「気になる家」をクローズな場で鑑賞するイベントをやりたいなあと前から思ってるんですが、思うだけで実行に移さないというお得意の日々を過ごしているうちにコロナ時代に突入してしまいました。






posted by pictist at 20:37| 都市鑑賞

2020年07月08日

さよなら「文化人の靴 創美」

さよなら記事が連続してしまって切ないですが。

IMG_6781.jpg

西大寺町商店街(岡山市北区表町三丁目)の「文化人の靴 創美」さんが閉店されました。製靴は昨年すでに終了して、在庫の販売のみ続けておられたのですが、とうとうこの日が来てしまいました。2016年に制作した岡山芸術交流オルタナティブマップにも掲載させていただいたお店です。

IMG_6778.jpg

かわいい。

IMG_6780.jpg

IMG_6779.jpg

IMG_8862.jpg

創美さんの創業は戦後まもなくなので、70年以上続いたことになります。現店主は中学生の頃から商品の配達などを手伝っていたそうです。当時、コメディアンのトニー谷が「かかとに鈴を入れた靴をつくってほしい」とオーダーしてきたことがあったそう。歩くたびに鈴の音が鳴るようにと。

先代店主(お父様)がつくったその靴を、トニー谷の宿泊先まで自分が届けたのだとおっしゃっていました。

こちらが今シャッターに貼ってある閉店のあいさつですが、

IMG_0033.JPG

なんとその横にこんな貼り紙が!

EcZ020TU8AM2B88.jpeg

在庫限りなので選べるサイズは少ないかもしれないけど、最後に、記念に一足いかがでしょうか。

IMG_9244.jpg

創美さん、おつかれさまでした。以前購入した靴は今もだいじに履いています。




posted by pictist at 23:27| 都市鑑賞

2020年07月07日

さよなら竹中工務店岡山営業所ビル

竹中工務店岡山営業所(岡山市北区田町二丁目)のビルが今まさに解体されているのですが(営業所は移転済み)、中の方のご厚意で、解体が始まる直前にビルの中を見学させていただくことができました。

竣工は1962年(昭和37年)。

IMG_9375.jpg

この入口の長い庇、いいですよね。外観は、全体的には地味というか奥ゆかしい印象ですが、片持ちでこれだけ突きだしてくる庇にちょっとした意志を感じます。

IMG_9273.jpg

IMG_9276.jpg


金属製の立体文字。タップ&拡大して見てみてください。2ヶ所ある「株式会社」や「岡山営業所」の文字の形が同じではないことが分かります。「竹」も違いますね。

IMG_9271.jpg


こちらは外観裏側の様子。パッと見、正面ととてもよく似ています。窓の並び方が正面とほとんど同じ。

IMG_9359.jpg


フェンスがコンクリート。無骨さにグッときます。

IMG_9281.jpg


存在感のある植樹桝。縞模様の痕跡があるので、ここにも上の写真と同じコンクリートフェンスが付いてたんでしょうね。

IMG_9360.jpg


岡山名物、鉄管スロープ。竣工時からあるものなのか、途中で代替わりしたものなのか。

IMG_9368.jpg


こういう全タイル張りのビルもだんだん少なくなってきてますよね。昭和の社屋ビルの流行りだったのでしょう。

IMG_9363.jpg

IMG_9364.jpg


中へ入ると、

IMG_9318.jpg

階段がすごくよかった!

IMG_9290.jpg

IMG_9288.jpg

IMG_9289.jpg


中のタイルはこんな感じ。外壁より薄めです。

IMG_9287.jpg


ドアハンドル。

IMG_9292.jpg


1階の廊下の天井だけナミナミになってて、凝ってました。

IMG_9317.jpg


給湯室の水屋。

IMG_9296.jpg

IMG_9325.jpg

金庫のエンブレム、文字が右書き。

IMG_9324.jpg


シンプルなトイレマーク。これは竣工時にはなかったはずです。トイレピクトグラムが普及したのは1964年以降なので。

IMG_9313.jpg

IMG_9293.jpg


「火災報知器」この文字はオリジナルでしょうか。機械彫刻用標準書体とも違うような。

IMG_9327.jpg


和室もありました。聞くの忘れたけど、なにに使ってた部屋なんだろう。最近のオフィスにはないんじゃないでしょうか。畳とふすまの部屋。

IMG_9329.jpg

IMG_9315.jpg

押すメタル。

IMG_9316.jpg


廊下の面格子がすごかった! これはオーダーメイド品なのでは。

IMG_9322.jpg

外観がおとなしいので油断してましたが、中に入るとこういうハッとするポイントがいくつもありました。さっきの天井のナミナミとか、コンクリート階段とか。

IMG_9326.jpg


屋上に煙突が。

IMG_9362.jpg

空調用ボイラーの煙突だそうです。外壁に合わせてタイルが貼ってあります。

IMG_9299.jpg


お忙しい中、見学会を開いてくださった竹中工務店さん、どうもありがとうございました。

この翌々日に、外観を撮るためにもう一度足を運んだんですが、行ってみると、iPadを持って外観の写真を撮っている女性の方がおられました。

竹中工務店の方かなと思って声をおかけすると、以前勤めていた元社員さんとのこと。社屋がなくなるということで、写真を撮りに来られたのでした。

きっと、良い思い出をお持ちなのだろうなあと思いました。






posted by pictist at 17:40| 都市鑑賞