2019年09月09日

岡山市民会館と山陽放送会館

岡山市民会館(1963年/昭和38年竣工)が紹介される際は、たいてい下記の方向から見た外観が出てきます。ホールの玄関前。

IMG_6083-Pano.jpg

外壁のスリットが特徴的で、全体は八角形。上から見るとこんな感じです。



IMG_6713.jpg

でもホール棟だけが岡山市民会館ではないのです。少し歩いて南側も見てください。隣接している会議室棟はまったく違う姿をしています。

IMG_4670.jpg

花ブロックを思わせる有孔コンクリートブロックで構成。そして、このさらに南側にあるRSK山陽放送会館が、こちら↓

IMG_4672.jpg

似てますね。それもそのはず、設計したのは岡山市民会館と同じ佐藤武夫。しかも山陽放送会館のほうが先に完成していて、1年先立つ1962年/昭和37年竣工。つまり岡山市民会館と山陽放送会館は、一体的に計画してつくられた建物なのです。上写真、左下に小さく見えているのが先ほどの会議室棟。

両棟の間で撮った写真がこちら↓ 左が岡山市民会館会議室棟、右が山陽放送会館。鏡に写ったかのよう。

IMG_1761.jpg

下の写真は西隣にある旧内山下小学校から山陽放送会館を見た様子。屋上にある塔屋の外壁が、岡山市民会館のホール棟そっくり。こんなところで両者が響き合っているのです。

IMG_4676.jpg

そして次の2枚をご覧ください。1枚目は山陽放送会館の歩道の手すりで、2枚目が岡山市民会館の階段の手すり。統一されてますね。

IMG_1744.jpg

IMG_1715.jpg

RSKは2021年に社屋を移転するとのこと。この山陽放送会館はどうなる予定なのか知らないんですが、一度、中を見学させてもらいたいなあ・・・。ラジオの収録で2度ほど入ったことあるけど、ゆっくり見てまわる余裕はなかったので。

IMG_1743.jpg

【追記】後日、山陽放送会館の中を見学させていただきました!
>>ミッド昭和が息づく山陽放送会館





posted by pictist at 08:43| 都市鑑賞

2019年09月07日

岡山市民会館のかっこいい場所

岡山市民会館は、この場所がいちばんかっこいいのではないかと思う。

IMG_6668.jpg

手すりがカクカクと折れ曲がり、四方へ伸びる。三次元に浮かぶ直線がかっこいい。このかっこよさがなぜ生まれるのかというと、ここが中二階だからだ。中二階だから階段が短い。階段が短いから手すりの多彩な動きが一望できる。

この中二階がどういう構造になっているのかというと、こう。

IMG_6715.jpg

ホワイエとして利用されている。

IMG_6709.jpg

1階から見た様子が次の写真。

IMG_6662.jpg

1階から下へも半階下がったフロアがあり、さらにそこから半階降りたところにトイレがある。半分ずつ動いていくスタイル。

IMG_6647.jpg

↑中央やや右に見えている明るいところがトイレ。

IMG_6633.jpg

あちこちに伸びる手すりが空間を引き締める。

IMG_6609.jpg

IMG_6695.jpg

ピクトさんもいました。岡山市民会館は1963年(昭和38年)竣工なので、最初からピクトさんはいなかったと思うけど。

IMG_6689.jpg

階数表示やガラスブロックなども見どころ。

IMG_6683.jpg

IMG_6658.jpg

2階のホワイエとモザイクガラス。ここは特徴的なのでよく紹介されがちです。スペーシー。

IMG_6594.jpg

このモザイクグラス部を設計したのは建築家・インテリアデザイナーの岩淵活輝。村上春樹『ノルウェイの森』にも登場する新宿のジャズ喫茶「DUG」の内装も手がけた人です。

IMG_6591.jpg

先日、見学会が開催されたので見てきた記録です。普段ライブ鑑賞などで入ったときは人が多くてゆっくり鑑賞できないので、ありがたかった。




posted by pictist at 11:28| 都市鑑賞