2022年11月09日

現存最古「京橋水管橋」

IMG_8650.jpg

京橋(岡山市)のすぐ横に架かる「京橋水管橋」は1904年(明治37年)に竣工した(翌年に通水)。京橋より13年も早くつくられている。つまり京橋水管橋の竣工時、京橋はまだ先代の木橋だったのだ。その横にコンクリート橋脚と鋼トラスでできた水管橋が出現した。

IMG_8691.jpg

当時の人々は、最先端の技術でつくられた全長130メートルの水管橋に目を見張ったことだろう。そしてなにより、上水道の通水を大いに喜び、祝ったに違いない。岡山市の上水道は全国で8番目に敷設された。京橋水管橋もその設備の一つだ。

IMG_8645.jpg

京橋水管橋は岡山県内に現存する最古の鋼トラス橋であり、また鋼製水管橋としては全国最古のものである。

IMG_8657.jpg

見る角度によって万華鏡のように表情を変えるトラス。

IMG_8663.jpg

山形鋼(アングル)を巧みに使っている点も見逃せない。

IMG_2767.jpg

コンクリート橋脚の上に敷かれた花崗岩はおそらく地元産の万成石だ。京橋水管橋の紹介でこの点に触れているテキストを見たことがないが、「岡山らしさ」が現れているポイントなので、ぜひ京橋の歩道から覗いてみてほしい。

IMG_8670.jpg

ちなみに岡山市の上水道設備を設計したのは吉村長策という技師で、日本各地の水道設備の建設に従事した人物である。


【参考資料】
おかやまの歴史的土木・近現代建築資産
岡山県の近代化遺産(岡山県文化財保護協会、2005年)

【あわせて読みたい】
・京橋(岡山)のすてきな橋脚
・半田山配水地
・瑜伽山加圧ポンプ場と門田喞筒場
・復興の象徴としての月見橋
・旭川の新堰管理橋
・相生橋水位観測所




posted by pictist at 19:06| 都市鑑賞

2022年11月07日

京橋(岡山)のすてきな橋脚

IMG_8610.jpg

岡山市、旭川に架かる京橋は1917年(大正6年)に竣工した。この橋の見どころは橋脚だ。梁でつながった円柱形の橋脚5本がひと組になっており、それが多径間で連続している様子はたいへん見ごたえがある。

IMG_8616.jpg

橋脚と梁が織りなす幾何学模様は見る位置によって変化するので、橋の下の河川敷を移動しながら鑑賞してみてほしい。

IMG_8613.jpg

上部のアーチもかっこいい。

IMG_8607.jpg

橋脚は鉄筋コンクリート製で、鋼板で覆われている。この時代ならではの「リベット接合」も鑑賞ポイントだ。

IMG_8599.jpg

この京橋を設計したのが20代の若者だったことを知る人は少ない。名前は小西隆。当時、岡山県の技手(のちに技師)だった。設計のみならず施工管理(現場監督)も担当している。実施設計の作成時25歳、竣工時27歳という若さだった。

小西はその後も岡山県内の多数の橋梁の設計に携わっている。京橋は1922年(大正11年)の追加工事で幅員を6間から8間に拡張したが、この設計も小西がおこなった。拡幅工事によって京橋は路面電車の通行が可能になった。

京橋の下に立っていると、ときどき頭上から路面電車のギーッという走行音が聞こえてくる。まだ旭川の舟運が盛んだった時代、当時の人々も路面電車の音を頭上に聞きながら、この橋脚を眺めていたのだろう。

IMG_8672.jpg


【参考資料】
岡山市|「明治150年 岡山の京橋 〜幕末、明治から大正へ〜」

【あわせて読みたい】
・復興の象徴としての月見橋
・旭川の新堰管理橋
・相生橋水位観測所




posted by pictist at 00:37| 都市鑑賞

2022年10月21日

助けを求めているクマ(岡山芸術交流2022)

プレシャス・オコヨモン《太陽が私に気づくまで私の小さな尻尾に触れている》を鑑賞して考えたこと

IMG_8515.jpg

「岡山芸術交流2022」が岡山市で開催中だ。メイン会場の旧内山下小学校に、プレシャス・オコヨモン(Precious Okoyomon)の《太陽が私に気づくまで私の小さな尻尾に触れている/Touching My Lil Tail Till the Sun Notices Me》という作品が展示されている。水のない廃プールの底に横たわる、巨大なクマのぬいぐるみである。

このクマは白い下着を穿いている。下着は直接的には陰部を保護するためのものだが、社会的には人間の性的羞恥心と結びついている。動物は性的羞恥心を持たない。私たちは一瞬、ただのぬいぐるみの中に、自分たちと同じ心の働きを見てしまう。作者はあきらかに、鑑賞者が人間を思い浮かべることを意図している。

IMG_8510.jpg

下着には小さなピンク色のリボンがついている。女性向けの下着によくあるデザインだ。ここで私たちは「人間の女性」を連想する。女性(または女の子)が、下着一枚の姿で寝転んでいる。あるいは寝転ばされている。

このクマを単なる「動物のクマさん」のままにさせておかない仕掛けがもう一つがある。股間の中央、ちょうど人間の性器にあたる部分に、わざわざハートマークが刺繍されているのだ。それが性的な存在であることを示唆するかのように。

IMG_8513.jpg

クマはプールの底に横たわっている。プールサイドに立つ鑑賞者は、必ずクマを「見下ろす」ことになる。私たちは最初から優位なところにいて、無抵抗な、下着姿のそれを、上から見つめる。

このクマは、さわってもよいことになっている。プールの底に降りてさわってもいいし、望むなら上に乗ってもいい。安心だ、相手は決して反撃してこない。私たちは最初から優位なところにいて、無抵抗な、下着姿のそれを、さわり続けることができる。

裏返せば、それは最初から抑圧されており、抵抗を許されず、ただ命じられた場所に寝転び続けている。どれだけ覗き込まれても、どれだけさわられても拒否することはできない。私はこの作品に、権力構造の中でおもちゃのように扱われてきた人々の姿を重ねずにはいられない。

本作の解説パネルを丹念に読みこんだ人はどのくらいいるだろう。そこにはこう書かれている。この作品が表現しているのは「the catastrophe of desire(欲望の破滅)」である。破滅するのは、誰の欲望だろうか。

プレシャス・オコヨモンは、2018年に同じくクマのぬいぐるみを使った作品を発表している。今回のような巨大ぬいぐるみではなく通常サイズのぬいぐるみだが、クマのお尻のあたりが破れており、中からシュレッダーで刻まれた書物の破片が飛び出ているというものだった。

作品のタイトルは《I NEED HELP》。それは、抑えつけられ、傷つけられてきた人々の切実な叫びだ。


【参考資料】
Tokyo Art Beat|「岡山芸術交流 2022」レポート。その"交流"が排除するのは誰か。


【補記】
プレシャス・オコヨモンと共有スタジオを持つアーティストで、ルームメイトでもあるショーン=キア・ライオンズ(Sean-Kierre Lyons)は、2021年のインタビューでこんな発言をしている。

「かわいいものが自分を攻撃してくるなんて、誰も予想しないでしょう。かわいさにはユーモアも隣り合ってるから、私はそれも作品に利用します。これは直接的な暴力を回避する私なりのやり方なんです」
>>KILLER CUTIES WITH SEAN-KIERRE LYONS

この考え方を、オコヨモンも共有しているのではないだろうか。本作の解説パネルにも「かわいさを概念的な戦略として利用し」と書かれている。そう、これは戦略だ。

「無力な、かわいいクマの女の子」は、自分を見下ろす者の「欲望」をじっと見つめ返している。

IMG_8522.jpg

posted by pictist at 19:31| レビュー

2022年10月16日

旧内山下小学校の記録2

以前掲載した「旧内山下小学校の記録」の第二弾です。校舎内に入る機会があったのでまた撮ってきました。
※画像はすべてクリック(タップ)で拡大できます。

IMG_8450.jpg

IMG_8456.jpg

IMG_8469.jpg

IMG_8463.jpg

IMG_8465.jpg

IMG_8470.jpg

IMG_8454.jpg

IMG_8462.jpg

IMG_8472.jpg

IMG_8475.jpg

IMG_8485.jpg

IMG_8449.jpg

IMG_8458.jpg

IMG_8478.jpg

IMG_8481.jpg

IMG_8482.jpg

IMG_8477.jpg
ここは「北準備室」という小さな部屋なんですが、中を覗いたとき思わず「あ!」と声をあげてしまいました。この曲面。これはあの、校舎の角のラウンド部分!

IMG_5936.jpg
ここ。中もちゃんとカーブしてたんだ。

IMG_8495.jpg

IMG_8497.jpg
玄関の上がり口にあるこの窪み、なんだと思いますか?

IMG_8499.jpg
たぶん靴脱ぎ器だと思うんですが、どうでしょうか。

IMG_8487.jpg

IMG_8489.jpg

IMG_8505.jpg

IMG_8366.jpg
校庭の片隅にある作者不詳のオブジェ。これのミニチュアほしい。

【あわせて読みたい】
戦災焼失地の内と外(3)






posted by pictist at 19:18| 都市鑑賞

2022年10月09日

新西大寺町商店街の看板コレクション

新西大寺町商店街(岡山市北区表町三丁目)のアクリル看板を集めました。凝ったタイポグラフィが多くて見ごたえがあります。

IMG_8321.jpg
お買い物は 新西大寺町商店街

IMG_3043.jpg
COFFEE HOUSE モップ

IMG_5393.jpg
パン 岡山木村屋

IMG_8322.jpg
ヘアーサロン ユー:スタイル

IMG_3050.jpg
特選紳士用品 スズキ洋品店

IMG_5390.jpg
メガネの保崎

IMG_5389.jpg
毛糸・手芸 タナベ

IMG_5388.jpg
民芸釜飯処 よいきげん

IMG_5391.jpg
婦人服地と洋装 ヒツジヤ

IMG_8323.jpg
婦人服地 仕立 きしもと
イラスト入りの看板は唯一ここだけです。

IMG_3393.jpg
タオル専門 国富タオル

IMG_5386.jpg
楽器&SONY 長谷川楽器

IMG_5387.jpg
広東菜館 廣珍軒

IMG_8326.jpg
中華そば ときわ

IMG_8327.jpg
理容 ゼイダ

IMG_8328.jpg
中華飯店 太華

IMG_8329.jpg
優良精肉 岡本屋精肉店

IMG_8330.jpg
服飾 ヤマモト





posted by pictist at 23:38| 都市鑑賞

2022年09月23日

マイ鳥居

「とりいくぐる」。ここは知人が運営に参加しているゲストハウスで、身近すぎる物件なのですっかりマヒして何も思わなくなってるんですが、よく考えると他では見られない外観なので、紹介がてら記録しておきます。

IMG_1500.jpg

IMG_7919.jpg

IMG_7921.jpg

IMG_1485.jpg

IMG_1496.jpg

IMG_7923.jpg

ここはかつて精肉店だった建物で、この鳥居は当時の店主さんがつくったもの。つまり自分のための「マイ鳥居」だったのです。祠などはなく、鳥居だけが建物の中通路をはさんでいます。

IMG_1143.jpg

当時の看板が今も残っています。「画期的パッケージ肉出現」

岡山に滞在される際はどうぞご検討ください。
>>とりいくぐる



posted by pictist at 14:02| 都市鑑賞

2022年09月04日

上之町會館の記録

上之町會館(岡山市北区天神町)は1957年(昭和32年)竣工。神社の境内という特殊な立地にある建物だ。天神町にあるのになぜ上之町會館なのかというと、竣工当時は上之町だったからである(1964年/昭和39年より天神町)。当初は商店の従業員用の寮だったらしいが、現在はカフェや事務所などが入居する雑居ビルになっている。

IMG_0901.jpg

IMG_9358.jpg

IMG_9357.jpg

IMG_6409.jpg

IMG_6403.jpg

IMG_6406.jpg

IMG_9355.jpg

IMG_3021.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0186.jpg

IMG_6410.jpg

IMG_7958.jpg

IMG_7953.jpg

IMG_7959.jpg

IMG_7955.jpg

IMG_7952.jpg


【あわせて読みたい】
こちらは岡山市北区表町にある「上之町ビル」についての記事です。
>>上之町ビル(防火建築帯)1





posted by pictist at 21:33| 都市鑑賞